孤独死は嫌だ!結婚相談所に登録すると・・・

結婚相談所 大阪

なんばに引越してきて3年。

その間、全く彼女らしき人はできませんでした。

元々、秋田の田舎に住んでいたのもあり、なんばでの遊び方がわからず、仕事に行ってはテレビを見て寝るだけの生活をずっと続けてきました。

会社の同僚は皆が彼氏持ちか既婚者で、ナンパなどする勇気もなく、もう32歳にもなるので、焦りだす頃です。

秋田の友達は半分以上がもう結婚していました。

このままでは孤独死してしまう。

そんな気持ちもあり、結婚相談所に登録したのです。

やはり、地方の方を見てみるとあまり人がいませんでしたが、なんばだけは断トツで人が沢山いました。

結婚相談所に登録しているなんばの人に比べて名古屋は4分の1くらいでした。

さてどうしようと結婚相談所でとにかく、これと思った人にはメッセージを送りました。

結婚相談所経由のメッセージなのですが、自分の好きな文章を書くことができる結婚相談所でした。

私も大した人間ではなく、年齢のハンディーギャップもあるため、学歴が低かったり、子供がいたり、年収が低い人をターゲットにすることにしました。

すると、1か月に一回はお話をするチャンスが貰えるようになりました。

皆、美人な人ばかりでサクラかと疑うような人ばかりでした。

しかし、二度目三度目と続けていく内に、この人なら一生を共に過ごせると思うような女性に巡り合いました。

四回目のデートの時に、プロポーズをしたらちょっとためらってから、結婚指輪を受け取ってくれました。

なんばに引越してこなかったらこんな出会いはありませんでした。

結婚相談所すらない田舎町でしたし、なんばのように出会いを求める人が沢山いるわけでもありません。

なんばに引越してきて、嫌なことは沢山ありましたし、結婚をする年齢じゃなくまだまだ余裕だと思っている内に結婚を逃してしまいました。

しかし、なんばで結婚相談所に出会い、そこで培ったものというのは絶対に忘れません。

今では、妻を幸せにするのが最低限の目標です。