父親の介護が気掛かりで結婚に一歩踏み出せず・・・

結婚相談所 大阪

結婚できるか不安でしたが、結婚相談所に入会してからは心強いサポートがあり気持ちも楽になり婚活を進めていくことができました。

結婚するのに一歩踏み出せなかった理由は、父親の介護があったからでした。

母が介護をしてくれていますが、一人では大変なこともあり私が手伝うこともありました。

母を一人にしておくのも心配だったので、なかなか結婚に踏み込むこともできませんでした。

なんばの結婚相談所の評判を聞いて、私も女性として生きて幸せになりたいと思いました。

一緒に実家で暮らしてくれるという男性を条件として探していきました。

結婚相談所の担当者からも、難しいかもしれませんが一緒に頑張りましょうと本当のことを言ってくれて嬉しい気持ちになれました。

結婚を諦めたくなかったのは、子供を産みたいという気持ちもありました。

合コンにも参加したことがなかった私なので、婚活パーティーでは大人数の異性の中で緊張してほとんど話せなかったことがありました。

コミュニケーションをとることから始めようと、自分でできることは練習をしました。

ファッションにも無頓着だったので、雑誌を読んだりして勉強しました。

担当者の方にもアドバイスをしてもらい、男性が好みそうなファッションで婚活パーティーに参加したりしました。

自分もこういうファッションが似合うんだなと再発見できました。

何人か私のことを気に入ってくれた人もいましたが、同居となると話は別のようでした。

気長に待つ思いで婚活をしてきましたが、なかなか思うようにいきませんでした。

心の支えになってくれたのが、結婚相談所の担当者でした。

私の気持ちも分かってくれているので、安心感がありました。

入会して1年が過ぎようとした頃、1対1で男性を紹介してもらいました。

事前に、親と同居するということも伝えてありましたが会ってくれました。

良い雰囲気の中で話もでき、もっと話したいと感じました。

相手の方はどう思ってくれたか心配でしたが、担当者から気に入ってくれて会いたいという返事をもらいました。

結婚できるか不安な日々もありましたが、少しづつ前に進んでいます。

バツイチ同士の婚活パーティーで素敵な出会いが!

結婚相談所 大阪

一度、結婚に失敗しているので良い出会いがあっても積極的になれずに一歩引いてしまう自分がいました。

幸せになりたいという気持ちはありますが、また結婚生活が上手くいかなくなったらどうしようという気持ちでした。

怖くて前に進めないこともあり、自分から出会いを避けてしまうこともありました。

妹夫婦に赤ちゃんが生まれると、自分も家庭を持って落ち着きたいという気持ちになってきました。

赤ちゃんを抱かしてもらうと、本当に可愛らしく守ってあげたいという気持ちでした。

なんばに住む友人から、一緒に婚活パーティーに参加しないかと誘われました。

結婚相談所という言葉も久しぶりに聞いて、昔のイメージがあり今はこんなに進化しているのかとビックリでした。

バツイチということがネックでしたが、バツイチ同士の婚活パーティーということで少し気持ちが楽になりました。

結婚相談所の登録後、コンシェルジュの方との話もありしっかりと支えてくれるんだという気持ちになり安心できました。

バツイチ同士の婚活パーティーは、自分の中でとても刺激になりました。

バツイチだということにとらわれ過ぎていた自分が情けないなと感じました。

皆、幸せになりたい再婚したいと真剣に考えている人ばかりで嬉しい気持ちになりました。

話しやすい女性がいて、もっと相手のことを知りたいと思いました。

仲良くなることはとても不安でしたが、自分の殻に閉じこもってばかりいないで成長したいという思いでした。

デートをするようになり、お互いにもっと一緒にいたいと思うようになり結婚の準備をしています。

結婚相談所に登録してから半年で話が進んでいき、相手のご両親にあいさつに行くことになっています。

再婚に対して躊躇することもありましたが、この女性なら一緒にいて不安なことも吹き飛ぶくらい楽しいと思えたのが決め手でした。

結婚相談所の支えのありがたさは、再婚の準備をしている最中も感じました。

不安なことも真剣に聞いてくれて、アドバイスもしてくれる頼もしい存在でした。

孤独死は嫌だ!結婚相談所に登録すると・・・

結婚相談所 大阪

なんばに引越してきて3年。

その間、全く彼女らしき人はできませんでした。

元々、秋田の田舎に住んでいたのもあり、なんばでの遊び方がわからず、仕事に行ってはテレビを見て寝るだけの生活をずっと続けてきました。

会社の同僚は皆が彼氏持ちか既婚者で、ナンパなどする勇気もなく、もう32歳にもなるので、焦りだす頃です。

秋田の友達は半分以上がもう結婚していました。

このままでは孤独死してしまう。

そんな気持ちもあり、結婚相談所に登録したのです。

やはり、地方の方を見てみるとあまり人がいませんでしたが、なんばだけは断トツで人が沢山いました。

結婚相談所に登録しているなんばの人に比べて名古屋は4分の1くらいでした。

さてどうしようと結婚相談所でとにかく、これと思った人にはメッセージを送りました。

結婚相談所経由のメッセージなのですが、自分の好きな文章を書くことができる結婚相談所でした。

私も大した人間ではなく、年齢のハンディーギャップもあるため、学歴が低かったり、子供がいたり、年収が低い人をターゲットにすることにしました。

すると、1か月に一回はお話をするチャンスが貰えるようになりました。

皆、美人な人ばかりでサクラかと疑うような人ばかりでした。

しかし、二度目三度目と続けていく内に、この人なら一生を共に過ごせると思うような女性に巡り合いました。

四回目のデートの時に、プロポーズをしたらちょっとためらってから、結婚指輪を受け取ってくれました。

なんばに引越してこなかったらこんな出会いはありませんでした。

結婚相談所すらない田舎町でしたし、なんばのように出会いを求める人が沢山いるわけでもありません。

なんばに引越してきて、嫌なことは沢山ありましたし、結婚をする年齢じゃなくまだまだ余裕だと思っている内に結婚を逃してしまいました。

しかし、なんばで結婚相談所に出会い、そこで培ったものというのは絶対に忘れません。

今では、妻を幸せにするのが最低限の目標です。

励ましてくれる相談員さんと一緒に頑張って婚活!

結婚相談所 大阪

わたしは大阪に永住することを望んでいる、なんば近郊に住む、働く30代女性です。

仕事は府内でしています。

仕事や友人付き合いでなんばで長い時間を過ごしていると、やっぱりなんばって便利だな、
お洒落だなと感じることばかりなので、府内にいっしょにマンションを購入してくれるような
パートナーを求めて、なんばの結婚相談所に通ってみました。

色々なところがあると思うのですが、わたしが利用したところは、結構励ましてくれる感じのところでした。

というのも、以前年上の友人が別の結婚相談所に登録して、あまりそりが合わなかったという体験談を聞いて、
励ましてくれる感じのところがおすすめだと言われたからです。

相談員の方によっては、もちろん、人間と人間ですから、相手が悪くなくても、合う合わないはありますし、
相談する人も、叱咤して欲しいタイプの人と、励まして欲しいタイプの人といると思います。

わたしは自分で叱咤されてもムリだと感じたので、その点をはじめに相談所に伝えました。

とくにそれでいやがられる感じもなく、優しい感じの女性に担当になってもらいました。

担当に、自分の性格や状況にあった相談員の方を探すというのも、一つの有効な婚活かなと思います。

わたしは、年齢的にも、焦りもあるし、でも仕事を頑張っている自負もあり、心身が疲れた状態で婚活しているので、
その上怒られたり欠点を指摘される系の、テレビで見かけるような相談員はムリだったんです。

ですから、優しい担当の方に寄り添っていただき、無理のないペースで婚活することが出来ました。

結果としては、府内で出版社に勤務している40代の方とデートに行き、お互いに落ち着いた感じがいいということで、
またデートをしましょうということになっています。

出版社勤務の方は、今厳しいご時世のようで、将来性や収入を気にしていらっしゃいましたが、わたしは
取り立ててお金持ちに憧れているタイプではないので、上手くいっていると、相談員の方もアドバイス、解説してくれて
います。

まだ結婚はしていませんが、数年ぶりにデートを楽しめましたし、登録したことやコストに後悔はありません。